ISO認証取得コンサルティング ISO認証取得コンサルティングプログラムのご紹介 その他規格導入(ETS,BCMSなど)導入支援コンサルティング リンク ポリシー サイトマップ
ホーム企業情報採用情報よくある質問ISO実績:お客様の声無料相談・お見積り
無料お見積り
お客様の声

JIS Q 9100:2016年度版改正

ISO認証取得
コンサルティング
情報セキュリティ
コンサルティング
その他規格導入支援
コンサルティング
問い合わせ ISO教育eラーニング 簡単ログ管理 ISO9001:2015アップグレード専用eラーニング お問い合わせ
ISO22000認証取得支援 ISO13485認証取得支援 ISO29990認証取得支援 TS16949認証取得支援 JIS Q 9100認証取得支援 ISO17025認定取得支援 ISO39001認証取得支援 OHSAS18001認証取得支援 コンサル会社の選び方 審査機関の選び方 ISO豆知識 各県ISO規格認証状況 ISO実績:お客様の声 よくある質問ISO コラム ISO関連用語集 ISOセミナー関連情報 ご相談・お問い合わせ Topix ISOトップに戻る Home  良く検索されるキーワード

 ISOコンサルタント:トップJIS Q 9100取得支援 > JIS Q 9100:2016年度版改正

 JIS Q 9100:2016年度版改正

JIS Q 9100:2016年度版のイメージISO9001の影響を受け大きく改訂される

 ISO9001:2015の改訂を受け、航空宇宙品質マネジメントシステム(AQMS)規格である「JIS Q 9100:2009」の改正版が、2016年9月20日に「JIS Q 9100:2016」として発行されました。
 今回の改正では、前回と違いISO9001自体が大幅に改正された影響を受け、規格構成から同様に大きく改正されています。現在、JIS Q 9100:2009を認証されている組織においては、2018年9月14日までにJIS Q 9100:2016年版をベースとしたAQMSを構築し移行を完了する必要がありあます。また、既にJIS Q 9100:2009をベースとしAQMSを構築し認証を希望する企業は、2017年6月15日以降の審査は実施されませんのでで審査会社と慎重な打ち合わせが必要です。JIS Q 9100:2016の認証は是非、スリープロサポートへお任せください。


JIS Q 9100:2016の移行計画

 移行期限においてはISO9001:2015の期限と合わせるという事で、2018年9月14日に設定され、非常に短期間でJIS Q 9100:2016への更新認証を迫られる組織もあります。移行計画においては、国際航空宇宙品質グループ(IAQG)の移行規定が発行されてから認定機関(JABなど)が計画を交付し、それに伴い審査機関(BSKなど)が移行計画を発表します。JIS Q 9100:2016の移行及び新規審査、審査機関ごとに微妙に違いますので、組織は自社の現在の認定機関と連絡を取り合い審査計画を立てる必要があります。


JIS Q 9100:2016の移行計画のイメージ

JIS Q 9100:2016の主な変更点

 JISQ 9100:2016ではベースとなるISO9001が2015年度版に改訂されたことをうけ、付属書SLにおける規格構造の変更、リーダーシップの強化、実務整合の強化、リスクマネジメントの導入などはもとより、「AQMS固有の要求事項の強化、追加、拡大」などに大きな変更点が見られます。

□ 運用リスクマネジメント
 プロジェクトマネジメント、作業移管の管理、及び予防処置を含め、「運用リスクマネジメント」を要求しています。リスクを特定し、組織内において合意し、決定した基準を超えるリスクの特定と受容基準までの低減を行い、残留リスクが受容可能かどうかの判断までの一連のリスクベースの考え方が求められています。

□ 製品安全
 製品安全の定義および要求事項が追加され、製品ライフサイクル全体を通して製品安全を保証するために必要なプロセスと活動が求められています。

□ 模倣品の防止
 模倣品防止の要求事項が追加され、模倣品又は模倣品の疑いのある製品の使用、およびそれらが顧客へ納入する製品に混入することを防止するプロセスと活動が求められています。

□ 認識の追加
 組織の管理下で働く人々の「認識」をより強固なものとするため、7.3(認識)に「製品又はサービスの適合に対する自らの貢献」、「製品安全に対する自らの貢献」、「倫理的行動の重要性」が追加されています。

□ 形態管理(コンフィギュレーションマネジメント)
 8.1.2[形態管理(コンフィギュレーションマネジメント)]は今回の改正では要求事項が更に明確化され、多くの組織に適用可能な要求事項へ変更されています。

□ 外部から提供されるプロセス、製品およびサービスの管理
 8.4.1 では組織に対して、外部提供者がその直接、及び下請の外部提供者へ適切な管理を適用することを求めています。

□ 引渡し後の活動についての要求事項

 ISO 9001:2015で8.5.5(引渡し後の活動)が新たに要求されたことを受け、8.5.5 に製品を引渡した後の顧客支援についての要求事項を追加し統合しています。

□ 人的要因(human factors)

 是正処置プロセスにおける不適合原因究明時に、該当する場合には必ず、人的要因に関する原因を含むことが追加要求されています。

 JIS Q 9100:2016新規、更新・移行認証のコンサルティングはスリープロサポートに是非お任せください。JIS Q 9100認証実績が豊富なコンサルタントが専任で貴社のJIS Q 9100:2016の認証活動を強力にサポートさせて頂きます。

JIS Q 9100コンサルティング実績はこちら


HOME  JIS Q 9100とは  JIS Q 9100取得のメリット  JIS Q 9100取得支援サービス  JIS Q 9100取得フロー  JIS Q 9100認証取得に必要な費用

代替テキスト
会社写真
東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-4-8
東京中央ビル 5F
TEL 03-3263-4521
FAX 03-3263-4522




大阪オフィス
〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町3-4-5
中央谷町ビル 7F
TEL 06-6949-0550
FAX 06-6949-0551




福岡オフィス
〒812-0023
福岡県福岡市博多区奈良屋町14-20
ベスト大博ビル7F
TEL 092-403-5900
FAX 092-403-5901




スリープロサポート株式会社
サテライトコンサルタント 
北海道、仙台、神奈川、千葉、名古屋、京都、徳島、兵庫、広島、山口、熊本、佐賀、宮崎、長崎