ISO認証取得コンサルティング ISO認証取得コンサルティングプログラムのご紹介 その他規格導入(ETS,BCMSなど)導入支援コンサルティング リンク ポリシー サイトマップ
ホーム企業情報採用情報よくある質問ISO実績:お客様の声無料相談・お見積り
無料お見積り
お客様の声

ISO豆知識

ISO認証取得
コンサルティング
情報セキュリティ
コンサルティング
その他規格導入支援
コンサルティング
問い合わせ ISO教育eラーニング 簡単ログ管理 ISO9001:2015アップグレード専用eラーニング お問い合わせ
ISO22000認証取得支援 ISO13485認証取得支援 ISO29990認証取得支援 TS16949認証取得支援 JIS Q 9100(AS9100)認証取得支援 ISO17025認定取得支援 ISO39001認証取得支援 OHSAS18001認証取得支援 コンサル会社の選び方 審査機関の選び方 ISO豆知識 各県ISO規格認証状況 ISO実績:お客様の声 よくある質問ISO コラム ISO関連用語集 ISOセミナー関連情報 ご相談・お問い合わせ Topix ISOトップに戻る Home  良く検索されるキーワード

 ISOコンサルタント:トップ > ISO豆知識

 ISO豆知識

イメージ写真ISO雑学

 知っておくと便利なISO関連予備知識。

審査員とは?

 審査員とは、ISOの審査を行う資格を有した方々です。日本では主にJRCAやIRCAなどで審査員を育成します。一人4つの専門分野の審査資格の登録ができ、審査機関に所属したり、契約審査員としてその分野のISOの審査を行います。審査員は「審査員補」「審査員」「主任審査員」に各付けされます。


認定機関と認証機関

 組織はISOを認証する際「審査登録機関」より認証を受けます。審査登録機関のことを「認証機関」や「審査機関」などと表現します。審査登録機関はISOの審査を実施する資格を保有し、国内だけでも50社以上存在します。その審査登録機関の審査をする機関(審査資格を満たしているか)が認定機関となります。各国に1機関存在し、日本ではJAB(Japan Accreditation Board for Conformity Assessmen
t:日本適合性認定協会)がその役割を担います。


認定から審査までの関係

参考名詞JAB

認定国=日本。日本適合性認定協会



UKAS

認定国=イギリス。英国認証機関認定審議会
(United Kingdom Accreditation Service)


ANAB

認定国=アメリカ。米国適合性認定機関
The American National Standards Institute(ANSI)- American
                              Society for Quality (ASQ) National Accreditation Board


 この場合、株式会社○○○は適用範囲「全社」、「JAB」と「UKAS」が認定している「A審査登録機関」から審査を受けISOを認証したことになります。

ISOマニュアル・手順書は紙ベース?

 ISOのマニュアルや手順書は一般的に紙ベースで管理されますが、規格上は何の制限もありません。ですから、映像であったり、音声や漫画(現実的ではありませんが)でも別段何の問題もありません。要は社員が理解できればよいわけです。ITの発展に伴い加速度的にグローバル化が進んでいる中、企業はPCで管理したり、日本語以外でも表記したりして全社員に企業のルールを理解させる努力が必要です。

軽微な不適合とメジャーな不適合の違い

 不適合とは要求事項を満たしてないことをいい、登録審査時の判定分類の一つです。軽微(マイナー)やメジャー(重要)な不適合等ありますが審査会社によりその判定の根拠は若干差があります。軽微な不適合が多くなり、ある一定の数になればメジャーに変更という場合もあれば、いくら軽微な不適合がでてもメジャーにならない場合もあります。(審査登録機関により違います)
 一般的にはメジャーな不適合とは下記のような場合が該当します。


1 製品品質に極めて重要な手順書の崩壊や、組織のマネジメントシステムの運営において完全な崩壊がある場合。
2 規格で要求される手順書が、組織のマネジメントシステムにおいて完全に欠落している場合。
3 手順書にいくつかの軽微な逸脱があり、それが組み合わされると、全体として手順書の完全な又は重大な崩壊を暗示する場合。
4 不適合が、提供される商品またはサービスの品質にとって直接の危険となる可能性がある場合。

ISOの規格ってどうやって決めるの

 ISOやIECで作られる規格は、国際的な標準が必要であるという観点から議論され、多くの国から専門家が集まりチーム(TC:Technical Committee:専門委員会)を組み、会議を重ねながら作っていきます。規格がある程度固まってくると、FDIS(最終国際規格案:Final Draft international Standaras)となり、全ての国の代表団体が2ヶ月で投票を行い最終投票にかけられます。それが承認されると国際規格として配布されます。TS16949参考図


ISOの組織図

※ TMBとはISOの中枢組織でありTC設置の決定等を行う。

※ TCとはISO規格化を検討する部署で内容に興味がある国が参加する。現在1番から200番台まである。例えば「ネジ」はTC1(1番目の専門委員会で検討)、「ISO9001」はTC176で、ISO初のマネジメントシステム規格となっている。
 またTCは作業の種類に分けて「SC」と「WG」を設置する。現在、TCは200以上、SCは500以上、WGは2000以上設置されている。



ISO規格制定までのステップイメージ

 ※ NP:New work item proposal(新規格提案)
   5ヶ国以上のPメンバーが審議に参加し、投票したTC/SCの積極的参加メンバーの過半数が賛成で承認
 ※ WD:Working draft(作業原案)
   幹事より任命された専門家がWDを検討作成し、NP提案承認後6ヶ月以内にTC/SCにWDを提出  
 ※ CD:Committee Draft(委員会原案)
   積極的参加メンバーの2/3以上の賛成を得た場合、CDが成立後DISとして登録
 ※ DIS:Draft international standerd(国際規格原案)    
   積極的参加メンバーの2/3以上が賛成、反対が投票総数の1/4以下で承認、FDIS登録
 ※ FDIS:Final committee draft(最終国際規格原案)
   FDISを全てのメンバー国に投票のため配付。積極的参加メンバーの2/3以上が賛成 反対が投票総数の1/4以下 でISOとして成立

規格の解釈って言うけどISOは何語?

 ISOの規格は残念ながら日本語では発行されていません。ISOは英語で検討されされます。公用語として「フランス語」「ロシア語」も採用されていますのでの3ヶ国語での発行となります。日本でISOを認証取得する際はJIS規格などをもとに仕組みを構築して審査を受けますが、正式な日本語訳はありません。JIS規格はISOの和訳版ではなく日本の国家規格です。故に、本来英語での表現を日本語に訳するのですから、コンサルタントや審査員において若干の解釈の違いが発生するわけです。ちなみに、JISの認定を受けることも可能です。(例:JIS Q 9001認証取得)


HOME コンサル会社の選び方 審査会社の選び方 よくある質問 関連用語集 ISO豆知識 ISO実績:お客様の声

代替テキスト
会社写真
東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-4-8
東京中央ビル 5F
TEL 03-3263-4521
FAX 03-3263-4522




大阪オフィス
〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町3-4-5
中央谷町ビル 7F
TEL 06-6949-0550
FAX 06-6949-0551




福岡オフィス
〒812-0023
福岡県福岡市博多区奈良屋町14-20
ベスト大博ビル7F
TEL 092-403-5900
FAX 092-403-5901




スリープロサポート株式会社
サテライトコンサルタント 
北海道、仙台、神奈川、千葉、名古屋、京都、徳島、兵庫、広島、山口、熊本、佐賀、宮崎、長崎