ISO認証取得コンサルティング ISO認証取得コンサルティングプログラムのご紹介 その他規格導入(ETS,BCMSなど)導入支援コンサルティング リンク ポリシー サイトマップ
ホーム企業情報採用情報よくある質問ISO実績:お客様の声無料相談・お見積り
無料お見積り
お客様の声

ISO13485取得支援サービス

ISO認証取得
コンサルティング
情報セキュリティ
コンサルティング
その他規格導入支援
コンサルティング
問い合わせ ISO教育eラーニング 簡単ログ管理 ISO9001:2015アップグレード専用eラーニング お問い合わせ
ISO22000認証取得支援 ISO13485認証取得支援 ISO29990認証取得支援 TS16949認証取得支援 JIS Q 9100(AS9100)認証取得支援 ISO17025認定取得支援 ISO39001認証取得支援 OHSAS18001認証取得支援 コンサル会社の選び方 審査機関の選び方 ISO豆知識 各県ISO規格認証状況 ISO実績:お客様の声 よくある質問ISO コラム ISO関連用語集 ISOセミナー関連情報 ご相談・お問い合わせ Topix ISOトップに戻る Home  良く検索されるキーワード

 ISOコンサルタント:トップISO13485取得支援 > ISO13485とは

 ISO13485とは

ISO13485参考画像医療機器関連品質マネジメントシステム

 ISO13485とは、医療機器の品質マネジメントシステムに関して、ISO9001の要求事項だけでは不十分であるとの認識からISO9001をベースに医療機器固有の要求事項を追加した「医療機器の安全性と品質を継続的に確保する為」に作られたセクター規格です。1996年にISO9001:1994と各国の薬事法を基にISO13485:1996が発行されましたがISO9001:2000年版が大幅に改定された事をうけて現在はISO13485:2003が発行されています。また、現在更に改訂中で2015年に最新版が発行される予定です。

 医療機器における品質管理は、人の健康・生命に重大な影響を及ぼすものであり、安全性と安定した品質確保が要求されます。この安全性と安定した品質を継続的に確保するための規格がISO13485ということになります。スリープロサポートはISO13485審査資格を保有するコンサルが在籍しており専門的なコンサルティングを実施します。


ISO13485とISO9001の関係

 ISO9001:2000は、改定に伴い大量の文書(記録含む)を作成する事が、必ずしも品質の確保および顧客満足の向上にはつながらないとの批判に応えるため、文書及び記録に対する要求事項が大幅に削減されました。一方それをベースに改定したISO13485:2003の文書及び記録に対する要求事項は、品質マネジメントシステムの法的監査の基準として使用される各国の規則に取り入れられ、法的監査における大部分の適合性評価は客観的証拠である文書及び記録に基づくため、各国規制当局の強い要求によって大幅な削減はされていません。ISO13485は、ISO9001をベースにして医療機器特有の追加要求事項があります。特に大きく具体的な項目が加えられたのは、次の5つのセクションになります。

6.4  作業環境⇒衛生管理について4項目の要求「薬事法等の一部を改正する法律」2014年施行(改正法)についてはこちら
7.5.1 製品及びサービス提供の管理⇒滅菌・洗浄、据付け、付帯サービスについて管理を要求
7.5.2 プロセスの妥当性確認⇒滅菌とソフトウェアの妥当性確認について要求
7.5.3 トレーサビリティ⇒トレーサビリティを管理すべき項目が具体的に示された
8.5.1 改善⇒顧客への通知、苦情、不具合への対応について要求


 また大きな特徴としてリスクマネジメント(ISO 14971)の考え方が導入されています。 文書化の負担としては、9001の文書化要求(手順、仕組み、計画)に対して3倍のボリュームがあります。
 故に、業種にもよりますが一般的な構築〜運用〜審査までの期間は約1年を見込むことが予想され、QMSの1.5倍の作業工数が発生することが予想されます。

 また、文書化に関する要求事項をISO9001:2000と比較すると次の3つの違いがみられます。
ISO/TS16949のワンポイントアドバイス

 ISO13485の世界での認証数は@アメリカ 5175、Aドイツ 2890、Bイタリア 2695、C中国 2559、Dイギリス 1890、E韓国 1169、F日本 1076になり、昨年の増加数は、1位中国で1229社、日本は5位で241社となります(2016年時点)。増加数をみれば中国が桁違いな増加数を示し、近い将来認証数では世界1(アメリカの増加数は7位で140社)に躍り出ることが予想されます。それに伴いグローバルなビジネスを展開する企業は、市場がアメリカから中国へ徐々に変換されていくことが予想されます。


          1.文書化された手順の要求事項が24項目(参考含む)


項番
JIS Q 13485:2005
ISO9001:2000
4.2.3
文書管理
4.2.4
記録の管理
6.2.2参考
教育・訓練(規制で要求されている場合)

6.4 b)
作業環境

7.3.1
設計・開発

7.4.1
購買プロセス

7.5.1.1.b
製造及びサービス提供の管理

7.5.1.2.3
付帯サービス活動

7.5.2.1
ソフトウェアの妥当性確認 

7.5.2.2
滅菌プロセスの妥当性確認 

7.5.3.1
識別

7.5.3.1
返却された医療器の識別 

7.5.3.2.1
トレーサビリティ

7.5.5
製品の保存

7.5.5
保管機関又は特別な保管条件の要求がある場合の製品の管理

7.6
監視機器及び測定機器の管理 

8.2.1
フィードバック

8.2.2
内部監査
8.3
不適合製品の管理
8.4
データ分析

8.5.1
通知書

8.5.1
不具合事象の規制当局への通知

8.5.2
是正処置
8.5.3
予防処置

           要求対象


          2.文書化の要求事項が23項目


項番
JIS Q 13485:2005
ISO9001:2000
4.2.1 a)
品質方針の表明 
4.2.1 a)
品質目標の表明 
4.2.1 b)
品質マニュアル 
4.2.1 f)
法令で規定されているその他の文書化 ※

4.2.1
製品の仕様及びQMSの要求事項を含むまたは識別するファイル 

5.5.1
責任及び権限

6.3
インフラストラクチャ

6.4 a)
要員の健康、清潔さ及び衣服 

6.4 b)
作業環境条件 

6.4 d)
汚染製品の管理の特別な取り決め  

7.1
製品実現全体のリスクマネジメント 

7.2.2 a)
製品要求事項 

7.3.1
設計・開発計画
7.4.2
購買情報

7.5.1.1 b)
製造及びサービス提供 

7.5.5.1 b)
製造及びサービス提供の作業指示書

7.5.1.2.1
製品の清浄性及び汚染管理

7.5.1.2.2
据付活動

7.5.1.2.3
付帯サービス活動作業指示書 

7.5.5
製品保存作業

7.5.5
保管期間限定又は特別な保管条件の指示 ※

8.3
製品手直しプロセス 

8.3
製品手直しの悪影響 


          ※ 要求対象


          3.記録の要求事項が40項目


項番
JIS Q 13485:2005
ISO9001:2000
5.6.1
マネジメントレビューの結果 ※
6.2.2 e)
教育・訓練、技能及び経験 ※
6.3 c)
保守活動 ※

7.1
リスクマネジメント ※

7.1 b)
製品が要求事項を満たしている事の実証
7.2.2
製品要求事項のレビュー結果と処置 ※
7.3.2
設計・開発へのインプット
7.3.3
設計・開発からのアウトプット

7.3.4
設計・開発のレビュー
7.3.5
設計・開発の検証
7.3.6
設計・開発の妥当性確認
7.3.7
設計・開発の変更管理
7.3.7
変更のレビューの結果 ※
7.4.1
評価の結果と処置 ※
7.4.2
購買情報

7.4.3
購買製品の検証

7.5.1.1
医療機器の各バッチ ※

7.5.1.2.2
実施した据付及び検証 ※

7.5.1.2.3
実施した付帯サービス活動 ※

7.5.1.3
滅菌医療機器に対する特別要求事項

7.5.2.1 b)
妥当性確認の結果 ※

7.5.2.2
滅菌プロセスの妥当性確認

7.5.3.2.1
製品固有の識別管理 ※
7.5.3.2.2
出荷梱包荷受人の氏名及び住所 ※

7.5.4
顧客所有物の紛失、損傷など
7.5.5
特別な保管条件 ※

7.6
測定機器の不適合が判明した時の、その機器の測定結果の妥当性 ※
7.6
校正及び検証の結果 ※
7.6 a)
計量標準が存在しない場合の校正又は検証に用いた基準 ※
8.2.2
検査の結果 ※
8.2.4.1
合否判定基準への適合の証拠 ※
8.2.4.1
製品のリリースを正式に許可した人 ※
8.2.4.2
能動埋込み機器の検査または試験を実施した要員の身元 ※

8.3
不適合成品の特別採用を許可した者の識別 ※

8.3
不適合成品の性質及びとられた特別採用を含む処置 ※
8.4
データ分析結果 ※

8.5.1
全ての顧客苦情調査 ※

8.5.1
是正処置及び、又は予防処置を実施しない場合 ※

8.5.2 e)
全ての調査及びとった是正処置の結果 ※
8.5.3 d)
全ての調査及びとった予防処置の結果 ※

          ※ 要求対象


またその他に


1. 顧客満足及び継続的改善の要求事項の変更

2. リスクマネジメント(安全性)の要求


が相違点としてあげられます。

※ TPSではISO 14971 リスクマネジメントセミナーも実施しています。


ISO13485:2003とQMS省令の相違点
ISO13485参考写真

 ISO13485を取得する際には「医療機器及び体外診断用医療薬品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令(QMS省令=旧医療用具GMP)」が重要な位置づけにあります。QMS省令とISO13485との整合性は高いのですが、同一ではありません。QMS省令には日本固有の要求事項が付加されており、下の様な相違点があります。


1 QMS省令は業態別に要求事項が異なる。
2 インフラストラクチャに関連する構造設備に特別な要求事項がある。
1 用語の相違がある。(別表1)
1 用語が変更されているのと同時に内容も変更されている事項がある。
1 文書・記録の保管期限に対する要求が異なる。
1 QMS省令は品目別に適用される等運用面の相違がある。


別表1 用語相違一例


JIS Q 13485:2005 QMS省令
品質マネジメントシステム 品質監督管理体系
トップマネジメント 最高監督管理者
経営者 監督管理者
管理責任者 責任技術者
顧客 製品受領者
品質マニュアル 品質監督管理体系基準書
内部コミニュケーション 内部情報伝達
レビュー 照査
インプット 入力情報
アウトプット 出力情報
フィードバック 意見
妥当性確認 バリデーション
予防処置 予防措置


 ※ 現在最新版はISO13485:2003ですが最新版に改訂作業中です。(2013年4月現在)
 ※ 2014年薬事法改正対応、及びISO13485とQMS省令対応表についてはこちらをご覧ください。


 ISO13485取得のコツへ ISO13485コンサルティング実績はこちら


HOME ISO13485とは  ISO13485取得のメリット  ISO13485取得支援サービス  ISO13485取得フロー  ISO認証取得に必要な費用

代替テキスト
会社写真
東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-4-8
東京中央ビル 5F
TEL 03-3263-4521
FAX 03-3263-4522




大阪オフィス
〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町3-4-5
中央谷町ビル 7F
TEL 06-6949-0550
FAX 06-6949-0551




福岡オフィス
〒812-0023
福岡県福岡市博多区奈良屋町14-20
ベスト大博ビル7F
TEL 092-403-5900
FAX 092-403-5901




スリープロサポート株式会社
サテライトコンサルタント 
北海道、仙台、神奈川、千葉、名古屋、京都、徳島、兵庫、広島、山口、熊本、佐賀、宮崎、長崎