ISO認証取得コンサルティング ISO認証取得コンサルティングプログラムのご紹介 その他規格導入(ETS,BCMSなど)導入支援コンサルティング リンク ポリシー サイトマップ
ホーム企業情報採用情報よくある質問ISO実績:お客様の声無料相談・お見積り
無料お見積り
お客様の声

ISO認証取得支援サポート JIS Q 9100(AS 9100)

ISO認証取得
コンサルティング
情報セキュリティ
コンサルティング
その他規格導入支援
コンサルティング
お問い合わせ ISO教育eラーニング簡単ログ管理 ISO9001:2015アップグレード専用eラーニング お問い合わせ
ISO22000取得支援 ISO13485取得支援 TS16949取得支援 JIS Q 9100(AS 9100)認証取得支援 OHSASA18001取得支援 コンサル会社の選び方 審査機関の選び方 ISO豆知識 各県ISO規格認証状況 ISO実績:お客様の声 よくある質問ISO コラム ISO関連用語集 ISOセミナー関連情報 ご相談・お問い合わせ Topix ISOトップに戻る Home  良く検索されるキーワード
ISO認証取得サービス

ISOコンサルタント:トップ > JIS Q 9100(AS 9100)認証取得支援トップ

 JIS Q 9100(AS 9100 )認証取得支援

JIS Q 9100(AS 9100)認証取得イメージAS9100(JIS Q 9100)認証取得

 JIS Q 9100とは、ISO 9001に航空・宇宙・防衛産業界固有の要求事項を加えて制定された規格です。同等の規格として、米国ではJIS Q 9100、欧州ではEN 9100として制定されています。JIS Q 9100は、MIL- Q- 9858A(MIL規格:米国国防総省標準仕様書)の廃止に伴い、IAQG(International Aerospace Quality Group)により制定された規格で、航空・宇宙・防衛産業に関わる企業を対象とした品質マネジメントシステムの規格となります。JIS Q 9100を認証取得すると、国際航空宇宙品質グループ(IAQG : International Aerospace Quality Group)が運営する、世界共通のデータベースシステム OASIS(On-line Aerospace Supplier Infomation System)に登録され、顧客発注における優位性及びグローバルな市場への参入が可能になります。
 JIS Q 9100の認証取得をお考えの企業はお気軽にご相談ください。


JIS Q 9100規格要求事項の狙い
on time on quality deliverry

 JIS Q 9100の最大の目的であるOTOQD(On Time On Quality Delivery)とは、サプライヤ―が納期と品質(高品質)を共に確保し、顧客・ライムメーカーに製品を納入すること、及びパフォーマンスの段階的改善を実現することです。JIS Q 9100ではISO9001にプラスした主要な追加要求事項として次の12個を要求しています。

 ● 製品適合性、納期厳守の引渡し(On-Time,On-Quality Delivery [OTOQD])のパフォーマンス測定、分析及び改善の要求事項
 ● 顧客満足の監視、分析及び改善についての要求事項
 ● 特別要求事項、クリティカルアイテム、キー特性についての要求事項
 ● プロジェクトマネジメントについての要求事項
 ● リスクマネジメントについての要求事項
 ● 形態管理(コンフィギュレーションマネジメント)についての要求事項
 ● 作業移管の管理についての要求事項
 ● 供給者(特殊工程供給者を含む)の管理についての要求事項
 ● 設計・開発の検証及び妥当性確認の試験及び文書化についての要求事項
 ● 製造工程の検証、変更管理、製造設備・治工具及びソフトウェアプログラムの管理についての要求事項
 ● 製品検査についての要求事項
 ● 不適合製品の処置についての要求事項

JIS Q 9100のワンポイントアドバイス

 JIS Q 9100は航空宇宙部品を製造していなくても認証できます。ISO9001をレベルアップした品質マネジメントシステムとお考え下さい。なお、航空宇宙産業の「卸売業者」や「商社」を対象としている規格はAS9120となります。

JIS Q 9100国際相互認証の仕組み

 JIS Q 9100は米国JIS Q 9100、欧州EN9100と共に世界標準の航空宇宙産業のQMS規格として制定された規格です。これらの3規格は、相互認証されJIS Q 9100は米国、欧州の企業に対しても有効な規格になります。日本では、JRMCがJIS Q 9100に対する認証制度の運用状況について監視する役割を担っており、独自の認定機関を設置せずにISO9001認証制度の仕組みをそのまま活用していることからJIS Q 9100認証においてはISO9001の認証も同時に取得したことになります。


JIS Q 9100相互承認イメージ
JIS Q 9100認証への取組

 JIS Q 9100の認証を目指すときには以下の順序で活動します。
 @ 認証目的の確認(取引先要求、グローバルな受注、品質向上)
 A 認証範囲(製品)の決定
 B 関連部署で構成されたプロジェクトチームの結成
 C コンサルタントとともにJIS Q 9100に基づくQMSの構築
 D QMSの内部監査及びレビュー
 E 外部審査登録機関より認証審査


AS9100(JIS Q 9100)ファミリー規格
AS9100(JIS Q 9100)ファミリー規格

AS9110

航空宇宙産業整備事業者を対象とした航空宇宙品質マネジメントシステム規格。

AS 9120

航空宇宙産業に関連した卸売事業者・商社(流通等)を対象とした品質マネジメントシステム規格。


AS9003

設計・開発に関する責任を有していない加工外注業者を対象とした規格で、検査、対空性試験要求事項を主として要求記載された規格。


AS9115

航空宇宙関連機器搭載ソフトウェアを作成する企業向けのデリバラブルソフトウェア追加要求事項。AS9006を更新し、2010年6月15日国際向け規格AS9115:2010として制定。

 また、類似した規格として、AS 9100(AS 9100)をベースとし、三菱重工業株式会社名古屋航空宇宙システム製作所が制定した品質規格「MSJ4000」なども存在します。


 AS 9100(AS 9100)は認証取得後も2者監査は軽減される場合もありますが、そうでない場合もあり、認証取得後は「納期」が最重要管理項目になります。

 JIS Q 9100:2016新規、更新・移行認証のコンサルティングはスリープロサポートに是非お任せください。JIS Q 9100認証実績が豊富なコンサルタントが専任で貴社のJIS Q 9100:2016の認証活動を強力にサポートさせて頂きます。


TPSの講師はISO審査資格を保有するものが専任担当 ISO認証取得のコンサル会社ベストパートナーイメージ
コンサルティングプログラムの紹介
様々な支援プログラムをご用意しています。

  完全サポートプランから、お客様が望むリクエストプランまで、幅広くお客様のニーズにお応えします。

TPSのプログラムメニュー1 完全サポートの詳細 テンプレートの詳細 リクエスト型の詳細 アップグレード対応の詳細 TPSのプログラムメニュー2 マネジメント際構築の詳細 更新対応の詳細 メンテナンスの詳細 セミナー・講習の詳細

HOME JIS Q 9100とは  JIS Q 9100取得のメリット  JIS Q 9100取得支援サービス  JIS Q 9100取得フロー  JIS Q 9100認証取得に必要な費用

代替テキスト

東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-4-8
東京中央ビル 5F
TEL 03-3263-4521
FAX 03-3263-4522




大阪オフィス
〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町3-4-5
中央谷町ビル 7F
TEL 06-6949-0550
FAX 06-6949-0551




福岡オフィス
〒812-0023
福岡県福岡市博多区奈良屋町14-20
ベスト大博ビル7F
TEL 092-403-5900
FAX 092-403-5901




スリープロサポート株式会社
サテライトコンサルタント 
北海道、仙台、神奈川、千葉、名古屋、京都、徳島、兵庫、広島、山口、熊本、佐賀、宮崎、長崎