ISO認証取得コンサルティング ISO認証取得コンサルティングプログラムのご紹介 その他規格導入(ETS,BCMSなど)導入支援コンサルティング リンク ポリシー サイトマップ
ホーム企業情報採用情報よくある質問ISO実績:お客様の声無料相談・お見積り
無料お見積り
お客様の声

FSSC22000認証取得支援サービス

ISO認証取得
コンサルティング
情報セキュリティ
コンサルティング
その他規格導入支援
コンサルティング
問い合わせ ISO教育eラーニング 簡単ログ管理 ISO9001:2015アップグレード専用eラーニング お問い合わせ
ISO22000認証取得支援 ISO13485認証取得支援 ISO29990認証取得支援 TS16949認証取得支援 JIS Q 9100(AS9100)認証取得支援 ISO17025認定取得支援 ISO39001認証取得支援 OHSAS18001認証取得支援 コンサル会社の選び方 審査機関の選び方 ISO豆知識 各県ISO規格認証状況 ISO実績:お客様の声 よくある質問ISO コラム ISO関連用語集 ISOセミナー関連情報 ご相談・お問い合わせ Topix ISOトップに戻る Home  良く検索されるキーワード

 ISOコンサルタント:トップISO22000取得支援 > FSSC22000とは

 FSSC22000とは

FSSC22000食の安全のイメージ前提条件プログラムを具体化し強化

 FSSC22000とは、食品安全の基本である「前提条件プログラム」をより強化するため、ISO22000の「前提条件プログラム」の一部を具体化した認証スキームのことです。「前提条件プログラム」とはその名の通り、ISO22000やHCCPを効果的に運用する為の前提となるものです。実はISO22000は「前提条件プログラム」が抽象的な為(不足)、国際的に食品流通に大きな力を持つGFSIの食品安全認証スキームとして承認を得ることが出来ませんでした。そこで、それを改良し、より明確に具体的な「前提条件プログラム」としてPAS220(食品製造のための食品安全に関する前提条件プログラム)がBSIより発行され、それをISO22000と組み合わせて出来あがった規格が「FSSC22000」になります。FFSC22000は前提条件プログラムが明確になった為、GFSIの認証スキームとして承認され、グローバルな展開が図れるため認証企業も増加しています。


【 ISO22000とFSSC22000の比較イメージ 】

  ISO22000
ISO22000のイメージ

  FSSC22000
FSSC22000のイメージ

 FSSC22000は、EU食品飲料業界連合会(Confederation of the Food and Drink Industries of the European Union:CIAA)の支援を受けているFFSC(Foundation for Food Safety Certification)が開発、運営している規格、スキームです。ISO22000がフードチェーンである食品に関する全ての分野の食品安全を対象としている事に対して、FSSC22000は食品の加工に限っての規格で、基本は食品工場のみを対象とします。
 FSSC22000の審査は、 ISO22000の7.2.3項でのPRPの要求事項の部分をPAS220で審査するイメージとなります。通常、PAS220は現場中心の審査となり、 審査時間はISO22000に要する審査時間にPAS220審査が加算されます。

PAS220とは

 PAS220とは、「Prerequisite programmes on food safety for food manufacturing」(:食品製造のための食品安全に関する前提条件プログラム)の事で、ISO22000の前提条件プログラムを強化、補完する為に作られた規格です。BSI(英国規格協会)が中心になり、国内外でバラツキのみられた衛生管理の基準等を詳細に規定するなど国際的な調和をはかり、2008年に食品製造業向けのPAS220:2008を発行しました。このPAS220:2008は、ISO/IEC 22000:2005と共に使用されるように意図されている規格で、 食品安全ハザードを管理することを支援するために、前提条件プログラムを確立、運用し、維持するための要求事項を規定しています。尚、食品包装材についての前提条件プログラムを規定したPAS223( 「食品包装の設計及び製造における食品安全のための前提条件プログラム」ペットボトル、アルミ缶、食品トレー、食品容器、段ボール箱など)もあり、PAS220:2008はISO/TS22002-1とし2009年に発行されています。
 PAS220の要求事項は、ISO22000の「7.2.3」をより具体的にしたものであり、7.2.3項の要求事項11項目に対し、内容の補完(詳細に規定された)や追加があり、15項目が要求されています。


PAS230 (ISO/TS22002-1)

ISO22000:7.2.3

4. 建屋の構造及びレイアウト

a) 建物及び関連設備の構造と配置

5. 建物及び作業場のレイアウト

b) 作業空間と従業員施設を含む構内の配置

6. ユーティリティー(空気、水、エネルギー)

c) 空気,水,エネルギー及びその他のユーティリティの供給源

7. 廃棄物処理

d) 廃棄物及び排水処理を含めた支援業務

8. 装置の適切性、清掃・洗浄およびメンテナンス

e) 設備の適切性並びに,清掃・洗浄,保守及び予防保全のしやすさ

9. 購入した資材の管理

f) 購入した資材,供給品,廃棄及び製品の取扱い

10. 交差汚染の予防対策

g) 交差汚染の予防手段

11. 清掃・洗浄及び殺菌・消毒

h) 清掃・洗浄及び殺菌・消毒

12. 有害生物の防除

i) 有害生物の防除

13. 要員の衛生及び従業員用施設

j) 要員の衛生

14. 再加工

k) 適宜,その他の側面

15. 製品の回収手順

 

16. 倉庫保管

 

17. 製品情報及び消費者意識

 

18. フードディフェンス、バイオビジランス、バイオテロ

 


GFSIとは

 GFSIとは、Global Food Safety Initiativeの略称です。GFSIとは、消費者の食品安全に対する関心が高まる中、食品安全性を向上させグローバルな食品安全規格を統一し、フードサプライチェーン全体のコスト効率を改善させようと、20000年にCIES年次総会において発足した非営利財団です。GFSIの目的は「消費者に安全な食品を確実に提供するために、小売り・メーカー・検査機関・行政などが協力し合って食品安全マネジメントシステムを継続的に改善させること」であり、具体的には次の3つの目標があります。

 @ 食品安全管理規格の収束
   食品安全関連のスキーマを、GFSIガイダンス文書と比較し、適合した食品安全規格をGFSI承認規格とする。
 A 費用対効果の向上
   オペレーション効率を高めることで、コスト管理を行う。
 B 食品安全ベストプラクティス・情報のネットワーク構築、知識交換および共有
   国際的ステークスホルダーに基盤を提供し、協同、知識交換、ネットワーク作成を行う。

【GFSIが承認した規格 (2011年9月現在(一部抜粋)】

■ FSSC22000  (蘭:ISO22000+PAS220)■ SQF1000/2000 (米:HACCP+QMS) ■ BRC   (英:経営者のコミットメント+HACCP) ■ IFS  (独・仏:経営者のコミットメント+HACCP) ■ Dutch HACCP   (蘭:オランダ市場に食品を供給するメーカー対象) ■ Synergy22000   (スイス:ISO22000+ISO22002-1) ■ Primus GFS (米・メキシコ:生産、取扱い、処理、保管の要求) ■ Canada GAP   (加:農場一次産品) ? Global GAP (独: 青果、水産、畜産 ■ BAP (米:水産養殖)

SQF( Safe Quality Food )とは?

 SQFとは「Codex HACCP」を基に全世界のバイヤーとサプライヤーのニーズに合うように設計された、国際的食品安全と品質管理の認証プログラムのことです。
 2003年、FMI(フードマーケティング協会:本部はワシントンD.C. 、小売業者を中心として50カ国以上から1,500上回るメンバー加盟、25%が米国外からの参加) がSQFプログラムの所有権を買取り、運営部門としてSQFインスティテュート(SQFI)を設立したことから始まります。

SQFロゴマークサンプル

【取得企業(工場・現場)が選択できる認証レベル】
 レベル1  食品安全の基礎
 レベル2  GFSI認定HACCP食品安全プラン
 レベル3  包括的食品安全及び品質マネージメントシステム開発

【FSSC22000とSQFの比較】

FSSC22000

SQF2000

 発行元

 FFSC(オランダ)

 SQFI(アメリカ)

 対象範囲

 (一次生産・工業技術的な加工助剤を除)
 食品製造加工

 (一次生産を除く)フードサプライ チェーン全て

 認証マーク 使用方法

 名刺・HP・会社案内

 名刺・HP・会社案内
 ※ レベル3取得の際は商品へも可

 内容

 IISO22000+PAS220

 HACCP+ISO9001

 認証の 有効期限

 3年(毎更新審査)1年毎の維持審査が必要

 1年(毎更新審査)

 維持審査

 年1回/年2回を選択可能

 半年毎の維持審査が必要

 概算費用

           トータルコストはあまり差がない

 

FSSC22000認証取得のメリット

 近年、我々の食に関しては食中毒、BSE問題、偽装表示、鳥インフルエンザ、O-157など様々な問題や事件が続発しています。その為、消費者の食の安全を求める動きは日増しに高まってきています。食品の安全を確保する為には、食品製造業者が衛生的な環境と製品を維持することです。FSSC22000を認証する事で食品製造業者は以下のような様々なメリットを享受する事になります。


1 高いレベルのFSMSの認証により、より顧客の信頼度及び消費者の信用度が高まる


1 利害関係者と積極的に交流を図る事により品質を安定、向上させる


1 緊急事態・非常事態への準備を整える事が出来る


1 企業の社内整理・整頓・整備が促進され、また全社員のモチベーションが向上する


1 ISO22000の認証組織との差別化を図れ、企業のステータスが高まる


TPSは、食品関連コンサルティングとして「SQF(Safe Quality Food)」「FAMIC」もサポート対応しています。

ISOコンサルティング実績はこちら


HOME  ISO22000とは  ISO22000取得メリット  ISO22000取得支援サービス  ISO22000取得フロー  ISO認証取得に必要な費用

代替テキスト
会社写真
東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-4-8
東京中央ビル 5F
TEL 03-3263-4521
FAX 03-3263-4522




大阪オフィス
〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町3-4-5
中央谷町ビル 7F
TEL 06-6949-0550
FAX 06-6949-0551




福岡オフィス
〒812-0023
福岡県福岡市博多区奈良屋町14-20
ベスト大博ビル7F
TEL 092-403-5900
FAX 092-403-5901




スリープロサポート株式会社
サテライトコンサルタント 
北海道、仙台、神奈川、千葉、名古屋、京都、徳島、兵庫、広島、山口、熊本、佐賀、宮崎、長崎