ISO認証取得コンサルティング ISO認証取得コンサルティングプログラムのご紹介 その他規格導入(ETS,BCMSなど)導入支援コンサルティング リンク ポリシー サイトマップ
ホーム企業情報採用情報よくある質問ISO実績:お客様の声無料相談・お見積り
無料お見積り
お客様の声

JIS Q 9100(AS 9100)認証取得支援サービス

ISO認証取得
コンサルティング
情報セキュリティ
コンサルティング
その他規格導入支援
コンサルティング
問い合わせ ISO教育eラーニング 簡単ログ管理 ISO9001:2015アップグレード専用eラーニング お問い合わせ
ISO22000認証取得支援 ISO13485認証取得支援 ISO29990認証取得支援 TS16949認証取得支援 JIS Q 9100(AS9100)認証取得支援 ISO17025認定取得支援 ISO39001認証取得支援 OHSAS18001認証取得支援 コンサル会社の選び方 審査機関の選び方 ISO豆知識 各県ISO規格認証状況 ISO実績:お客様の声 よくある質問ISO コラム ISO関連用語集 ISOセミナー関連情報 ご相談・お問い合わせ Topix ISOトップに戻る Home  良く検索されるキーワード

 ISOコンサルタント:トップJIS Q 9100(JIS Q 9100)取得支援 > JIS Q 9100(AS 9100)とは

 JIS Q 9100 (AS 9100)とは

JIS Q 9100ノイメージ航空宇宙品質マネジメントシステム

 航空宇宙産業において、機能・性能及び安全性の確保は、非常に重要な課題となっています。従来、航空機の品質管理は、MIL spec(MIL規格:米国国防総省標準仕様書)が重用され、MIL Q 9858Aが適用されていました。しかし、このMIL Q 9858Aは、国際規格ISO9001シリーズの普及とともに、ISO9001 がMIL Q 9858Aと同等の要求事項として採用され同時に廃止されます。しかし、このISO9001は航空宇宙産業に適用した場合、機能・性能、安全性確保等に関する業界特有の要求事項が不十分であり、ISO 9001に航空宇宙産業特有の要求事項(機能・性能および安全性の確保など)を追加した航空宇宙産業の品質マネジメントシステムの国際標準の規格としてAS 9100が誕生しました。JIS Q 9100 は、 IAQG が作成したAS9100の規格を日本語に翻訳しJIS 化した規格になります。


AS9100(JIS Q 9100)制定の経緯
MIL specの動向

AS/prEN/JIS Q 9100制定の経緯

 結局IAQGは、国際航空宇宙品質システム規格であるIAQS9100を、世界共通のただ一つの規格文書として発行する事はせず、内容及び規格番号の一致した各地域規格の形態をとる事にした為、欧州ではprEN9100、米国ではJIS Q 9100、日本ではJIS Q 9100として制定されました。故に、この3つの規格は同等であり、国際相互認証を行っているため、いずれの規格の認証を取得しても、世界で通用します。
 現在、日本におけるJIS Q 9100の最新版は2009年度版となります。


※ SAE(Society of Automotive Engineers)
モビリティ専門家を会員とする米国の非営利的団体。2006年現在、約9万人の会員を有し、自動車関連及び航空宇宙関連の標準規格の開発等をおこなっている。正式名称はSociety of Automotive Engineers, Inc. 。

※ AECMA
現在のASD-STANSTAN(Aerospace and Defence Standardization Organization:航空宇宙及び防衛標準化組織)

※ IAQG( International Aerospace Quality Group:国際航空宇宙品質グループ)
生産活動を通じて、品質の著しい改善及びコスト削減を達成するという目的で設立された、アメリカ、アジア・パシフィック及びヨーロッパの企業の代表者で構成されるグループ。

JIS Q 9100のワンポイントアドバイス

 JIS Q 9100は航空宇宙部品を製造していなくても認証できます。ISO9001をレベルアップした品質マネジメントシステムとお考え下さい。なお、航空宇宙産業の「卸売業者」や「商社」を対象としている規格はAS9120となります。

JIS Q 9100:2009(SJAC)要求事項

大項番
中項番
小項番
4. 品質マネジメントシステム
4.1 一般要求事項

 

4.2 文書化に関する要求事項 4.2.1 一般

4.2.2 品質マニュアル

4.2.3 文書管理

4.2.4 記録の管理

5. 経営者の責任
5.1 経営者のコミットメント

 

5.2 顧客重視

5.3 品質方針

 

5.4 計画

5.4.1 品質目標

5.4.2 品質マネジメントシステムの計画

5.5 責任、権限及びコミュニケーション

5.5.1 責任及び権限

5.5.2 管理責任者

5.5.3 内部コミュニケーション

5.6 マネジメントレビュー

5.6.1 一般

5.6.2 マネジメントレビューへのインプット

5.6.3 マネジメントレビューへからのアウトプット

6. 資源の運用管理
6.1 資源の提供

6.2 人的資源 6.2.1 一般
6.2.2 力量、教育・訓練及び認識
6.3 インフラストラクチャー

 

6.4 作業環境

 

7. 製品実現
7.1 製品実現の計画

7.1.1 プロジェクトマネジメント

7.1.2 リスクマネジメント
7.1.3 形態管理
7.1.4 作業移管の管理
7.2 顧客関連のプロセス 7.2.1 製品に関連する要求事項の明確化

7.2.2 製品に関連する要求事項のレビュー

7.2.3 顧客とのコミュニケーション
7.3 設計・開発 7.3.1 設計・開発の計画
7.3.2 設計・開発へのインプット
7.3.3 設計・開発からのアウトプット
7.3.4 設計・開発のレビュー
7.3.5 設計・開発の検証
7.3.6 設計・開発の妥当性確認
7.3.7 設計・開発の変更管理
7.4 購買 7.4.1 購買プロセス
7.4.2 購買管理
7.4.3 購買製品の検証
7.5 製造及びサービス提供 7.5.1 製造及びサービス提供の管理
7.5.2 製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性確認
7.5.3 識別及びトレーサビリティ
7.5.4 顧客の所有物
7.5.5 製品の保存
7.6 監視機器及び測定機器の管理

 

8 測定、分析及び改善
8.1 一般

 

8.2 監視及び測定 8.2.1 顧客満足
8.2.2 内部監査
8.2.3 プロセスの監視及び測定
8.2.4 製品の監視及び測定
8.3 不適合製品の管理

 

8.4 データの分析

 

8.5 改善 8.5.1 継続的改善

 

8.5.2 是正処置

 

8.5.3 予防処置

 ※ 青字=ISO9001からの追加項番。ISO9001の項番と変わりはないが、追加された要求や事項がある項番。


 JIS Q 9100は2013年1月1日現在で451(JAB)の組織が認証を取得しています。

JIS Q 9100(AS9100)コンサルティング実績はこちら


HOME  JIS Q 9100とは  JIS Q 9100取得のメリット  JIS Q 9100取得支援サービス  JIS Q 9100取得フロー  JIS Q 9100認証取得に必要な費用

代替テキスト
会社写真
東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-4-8
東京中央ビル 5F
TEL 03-3263-4521
FAX 03-3263-4522




大阪オフィス
〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町3-4-5
中央谷町ビル 7F
TEL 06-6949-0550
FAX 06-6949-0551




福岡オフィス
〒812-0023
福岡県福岡市博多区奈良屋町14-20
ベスト大博ビル7F
TEL 092-403-5900
FAX 092-403-5901




スリープロサポート株式会社
サテライトコンサルタント 
北海道、仙台、神奈川、千葉、名古屋、京都、徳島、兵庫、広島、山口、熊本、佐賀、宮崎、長崎