ISO認証取得コンサルティング ISO認証取得コンサルティングプログラムのご紹介 その他規格導入(ETS,BCMSなど)導入支援コンサルティング リンク ポリシー サイトマップ
ホーム企業情報採用情報よくある質問ISO実績:お客様の声無料相談・お見積り
無料お見積り
お客様の声

IATF16949:2016主な変更点

ISO認証取得
コンサルティング
情報セキュリティ
コンサルティング
その他規格導入支援
コンサルティング
問い合わせ ISO教育eラーニング 簡単ログ管理 ISO9001:2015アップグレード専用eラーニング お問い合わせ
ISO22000認証取得支援 ISO13485認証取得支援 ISO29990認証取得支援 TS16949認証取得支援 JIS Q 9100(AS9100)認証取得支援 ISO17025認定取得支援 ISO39001認証取得支援 OHSAS18001認証取得支援 コンサル会社の選び方 審査機関の選び方 ISO豆知識 各県ISO規格認証状況 ISO実績:お客様の声 よくある質問ISO コラム ISO関連用語集 ISOセミナー関連情報 ご相談・お問い合わせ Topix ISOトップに戻る Home  良く検索されるキーワード

 ISOコンサルタント:トップISO/TS16949取得支援 > IATF16949:2016主な変更点

 IATF16949:2016主な変更点

IATF16949:2016のイメージIATF16949:2016は要求事項は増えたが解りやすくなる

 2016年10月1日に発行されましたIATF 16949:2016では、IATF16949固有の要求事項として多くの項目が新規追加及び強化されています。まずはISO9001:2015の発行に伴い、附属書SLにおける規格構造が変更されています。またIATF16949:2016規格の目標とするゴールは、@ 継続的改善、A不具合の予防、B ばらつき低減、C 無駄の排除と、旧規格であるISO/TS16949:2009と変わっていません。しかし、追加要求事項を読むと、旧規格ISO/TS16949と比較して要求事項は多くなり、また、より細かく、具体的でわかりやすくなっていると言えます。また、同じくISO9001の改訂に伴いベースがリスクを考慮した品質マネジメントシステムになっていますが、自動車QMSでは旧規格であるISO/TS16949:2009からリスクを考慮した規格になっているのでこれらは「維持」されています。


IATF16949:2016の主な変更点

  ISO9001:2015の改定を受けて、「組織及びその状況の理解」(4.1)、「利害関係者のニーズ及び期待の理解」(4.2)、「リスク及び機会への取り組み」(6.1)が追加されました。また、IATF16949固有の要求事項として多くの項目が新規追加、及び内容が強化されています。

           【主な追加・変更点】

リスクへの対応

 ◆ リスク分析(6.1.2.1)
 ◆ 緊急事態対応計画(6.1.2.3)

品質保証の強化

 

 ◆ 製品安全(4.4.1.2)
 ◆ 企業責任(5.1.1.1)
 ◆ 修理製品の管理(8.7.1.5)
 ◆ 不適合製品の廃棄(8.7.1.7)
 ◆ 補償管理システム(10.2.5)

ソフトウェア管理

 

 ◆ 組み込みソフトウェアの製品開発(8.3.2.3)
 ◆ 自動車製品関連のソフトウェア、
   又は組み込みソフトウェアを持つ製品(8.4.2.3.1)

顧客固有の要求事項

 

 ◆ 顧客スコアカード(5.3.1)
 ◆ 顧客指定特殊特性(8.2.3.1.2)
 ◆ 顧客指定の供給者(8.4.1.3)
 ◆ 顧客指定レイアウト検査の頻度(8.6.2)

 ◆ 特別採用に対する顧客の正式許可(8.7.1.1)
 ◆ 顧客指定不適合製品管理プロセス(8.7.1.2)
 ◆ 顧客指定製造工程監査の方法(9.2.2.3)
 ◆ 顧客指定製品監査の方法(9.2.2.4)

 ◆ 顧客指定問題解決方法(10.2.3)

変更管理

 

 ◆ 変更の計画(6.3)
 ◆ 製品・サービスの要求事項の変更(8.2.4)
 ◆ 設計・開発の変更(8.3.6)
 ◆ 段取り作業替えの検証(8.5.1.3)
 ◆ シャットダウン後の検証(8.5.1.4)
 ◆ 変更管理(8.5.6)
 ◆ 工程管理の一時的変更(8.5.6.1.1)

供給者管理

 

 ◆ 第二者監査員の力量(7.2.4)
 ◆ 供給者選定プロセス(8.4.1.2)
 ◆ 供給者のQMSの開発(8.4.2.3)
 ◆ 第二者監査(8.4.2.4.1)
 ◆ 供給者開発(8.4.2.5)

 ◆ サイト内供給者管理(7.1.3.1 7.1.5.2.1)

文書化したプロセス

 手順書の作成を20カ所で要求


IATF16949:2016制度の関連規格

 IATF 16949の認証制度は、IATF 16949:2016(規格要求事項)を中心として下図のように各種関連文書から構成されます。

 □ IATF16949:2016 : ISO9001:2015を引用し、自動車産業が求める固有の品質管理に関する要求事項を追加した規格。
 □ IATF承認取得及び維持の為のルール 第5班 : IATF16949認証制度における承認の詳細を示した審査機関に対する要求事項。
 □ 顧客固有の要求事項 : IATF16949:2016の要求事項以外の各自動車メーカー個別の要求事項。
 □ 5つのコアツール : 顧客固有の参照マニュアル。(APQP、PPAP、FMEA、 MSA、SPC)
 □ SI及びFAQ : 公式解釈集(SI)と良くある質問。IATF16949とIATF承認取得、維持のためのルールを解説。
 □ 審査員ガイド : IATF16949:2016の審査員に対するガイド

IATF16949:2016関連規格

IATF承認取得及び維持の為のルール 第5班

 IATF承認取得及び維持の為のルール第5班(ルールX)では、IATF16949認証制度において、ルールWまでグレー部分だった箇所に完全にメスを入れて非常に詳細部分まで明確にした厳しいルールを要求しています。以下に、主な注意点を記載しますが、審査工数の計算方法も含め細かく審査についてのルールを記載していますので、IATF16949:2016の認証を目指す組織は一度目を通すことをお勧めします。

【主な確認、注意点】
 □ コンサルタントはいかなる方法でも審査注サイトへ入れない
 □ コーポレート審査スキームの適用
 □ VDA 6.1及びISO9001認証からのIATF16949審査(50%減)、ISO9001からIATF16949審査(30%減)の特典
 □ サーベランスの間隔(6か月、9か月、12か月)
 □ IATFロゴは「認証書」以外に切り離して使えない(証書のコピーはOK )
 □  ISO/TS16949からIATF16949へ移行する際、認証機関を変更することはできない
 □ 認証証にはISO9001の認証表示は無い
 □ 審査機関の変更は3年間できない(移転審査)



 スリープロサポートはISO/TS16949及びIATF16949:2016で多くのコンサル実績がございます。IATF16949:2016の新規、更新認証のコンサルティングは是非スリープロサポートへお任せください。各コアツール(APQP、MSA、FMEA、SPC、PPAP)セミナーやIATF 16949対応の内部監査員養成セミナーなどIATF16949:2016認証までの一連のサポート、及び単独組織からコーポレート認証まで幅広くサポートさせていただきます。IATF16949のことならお気軽にご相談ください。


HOME  TS16949とは  TS16949取得のメリット   TS169491取得支援サービス   TS16949取得フロー  TS16949認証取得費用

代替テキスト
会社写真
東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-4-8
東京中央ビル 5F
TEL 03-3263-4521
FAX 03-3263-4522




大阪オフィス
〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町3-4-5
中央谷町ビル 7F
TEL 06-6949-0550
FAX 06-6949-0551




福岡オフィス
〒812-0023
福岡県福岡市博多区奈良屋町14-20
ベスト大博ビル7F
TEL 092-403-5900
FAX 092-403-5901




スリープロサポート株式会社
サテライトコンサルタント 
北海道、仙台、神奈川、千葉、名古屋、京都、徳島、兵庫、広島、山口、熊本、佐賀、宮崎、長崎