ISO認証取得コンサルティング ISO認証取得コンサルティングプログラムのご紹介 その他規格導入(ETS,BCMSなど)導入支援コンサルティング リンク ポリシー サイトマップ
ホーム企業情報採用情報よくある質問ISO実績:お客様の声無料相談・お見積り
無料お見積り
お客様の声

EnMS(ISO50001認証取得)導入の流れ

ISO認証取得
コンサルティング
情報セキュリティ
コンサルティング
その他規格導入支援
コンサルティング
お問い合わせ
TPSの導入支援が選ばれる理由 コンサル対応可能ISO規格一覧 ETS (温室効果ガス排出量取引制度) 優良派遣事業者認定制度 ハラール(ハラル:HALAL)認証 PCI DSS ISO17025取得支援 ISO/IEC17020認定取得支援 エネルギーマネジメントシステム 病院機能評価 導入支援 BCMS( 事業継続マネジメント) ISO10002 苦情対応マネジメント ISO トップ コンサルタントの紹介 ISO実績:お客様の声 よくある質問(ISO) 関連用語集(ISO) ご契約までの流れ ISOセミナー関連情報 各県ISO規格認証状況 TOPIX コラム 会社概要 ご相談・お問い合わせ Home  良く検索されるキーワード
お問い合わせ 簡単ログ管理 ISO9001:2015アップグレード専用eラーニング リスクアセスメントソフト

 ISOコンサルタント:トップその他規格導入支援コンサルティングエネルギーマネジメント > EnMS導入フロー

ISO50001:エネルギーマネジメントシステム導入フロー

ステップ1 プロジェクトチームの結成

 エネルギーマネジメントシステムを構築するにあたり中心となって活動するチーム(プロジェクトチーム、事務局)を結成します。ISO14001を認証取得しているのであれば取得時の推進チームメンバーで構成したほうがスムーズに構築できます。そうでなければ複数の関係部署から最低一人メンバーを選出することをお勧めします。目安としてのプロジェクトチームの人数は全社員の10%程度です。プロジェクトチームが発足したら次にメンバーの中から「エネルギー管理責任者」を任命します。エネルギー管理責任者は非常に重要な役割を担い業務全体の流れをある程度把握している方がお勧めです。

次段階へ

ステップ2 初回セミナー・トップインタビュー

 コンサルタントが訪問し、ISO50001やエネルギーマネジメントシステムについての入門セミナーを1時間程度行います。参加者はプロジェクトチームのメンバーに限らず、できるだけ多くの社員を対象にします。入門セミナー終了後、プロジェクトチームとの打ち合わせを行い、今後のおおまかなアクションプランを作成します。次に、トップ(経営陣)へのインタビューを行い、導入の目的やコンサルに関して臨むことなどを確認します。

次段階へ

ステップ3 現状把握・ギャップ分析

 貴社の現状のエネルギー使用状況や、取り扱い部署、規定などエネルギー使用に関する状況を把握します。また、現状とISO50001規格要求事項との差分(ギャップ)を明確にし、ISO 14001(環境マネジメントシステム)が構築・運用されている場合には、運用状況を確認し、 エネルギーマネジメントシステムに利用できる仕組みなどを特定します。

次段階へ

ステップ4エネルギーベースラインの設定

 ISO50001ではエネルギー使用実績の管理など、エネルギーベースラインの設定が求められます。省エネ法では前年度比になりますが、規格では1年以上のデータを要求しています。エネルギープロファイル、エネルギーベースライン、キ―パフォーマンス指標(KPI)等を策定します。

次段階へ

ステップ5 システム構築

 エネルギー方針を策定し、現状把握及びギャップ分析を基に、効果的なエネルギーマネジメントシステムの構築を行います。ISO14001を認証、運用しているのであれば可能な限りその仕組みを適用し、不足分については規格との整合性を鑑みながら貴社の現状に最適なマネジメントシステムを構築していきます。

次段階へ

ステップ6 マニュアル・手順書作成

 構築した仕組みをエネルギー管理マニュアル等を作成し文書化します。ISO14001の認証、運用ができているのであれば統合も可能ですし、手順書や様式など対応可能なものがあれば規格との整合性を図りながら活用していきます。

次段階へ

ステップ7 内部監査・マネジメントレビュー

 構築したエネルギーマネジメントシステムは、運用状況確認後、その仕組みをチェックする必要があります。組織内から複数の内部監査員を育成し自社の仕組みを監査します。内部監査では、規格との適合性、法令及びその他の要求事項との適合性、構築した仕組みは効果的に維持され実施されているかをチェックシートなどを用いながら定期的に監査していきます。監査の結果は「監査報告書」としてトップマネジメントに報告し、トップマネジメントは監査報告書を基にマネジメントレビューを実施します。

次段階へ

ステップ8 審査対応

 マネジメントレビューが完了誤、審査登録を行うのであれば審査会社を選定し登録申請を行います。審査は2段階で行われ、第1ステージ審査で「現状のレビュー」、第2ステージ審査で「認証審査」が行われます。是正を要求された際、是正処置を実施しISO50001認証取得となります。

代替テキスト
会社写真
東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-4-8
東京中央ビル 5F
TEL 03-3263-4521
FAX 03-3263-4522




大阪オフィス
〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町3-4-5
中央谷町ビル 7F
TEL 06-6949-0550
FAX 06-6949-0551




福岡オフィス
〒812-0023
福岡県福岡市博多区奈良屋町14-20
ベスト大博ビル7F
TEL 092-403-5900
FAX 092-403-5901




スリープロサポート株式会社
サテライトコンサルタント 
北海道、仙台、神奈川、千葉、名古屋、京都、徳島、兵庫、広島、山口、熊本、佐賀、宮崎、長崎